エッセイとかレポートの寄せ集めブログ

大人の階段を昇っちゃった日

 
←前のページ
 
万が一の事態は、思いもよらず突然だった。
無知な私を突然襲った。
 
中学2年、11月13日金曜日。
体調はすこぶる良く、その日も部活に励み帰宅。
風呂に入っているときに異変に気付く。
尻周辺を洗浄していると黒っぽいカスが手に付いた。
 
「……。」
「ん?」
「……。」
「ゴミか。」
なんでまたこんな辺境の地にゴミが!
やだぁ、私ったら不潔!
こんなの誰にも言えないよね。内緒内緒。
 
サッパリして温まって、ゴミのことは内緒にして早めに就寝。
翌日の土曜は演奏会(当時吹奏楽部)に出場予定だったのだ。
 
 
で、翌日午前学校での合奏練習を終え、演奏会に向け楽器搬入が始まる。
その途中で、トイレへ。
 
 
「!!!!!!!!!!」
 
 
パンツに!!
黒いベトベトが!!
なんじゃこりゃ!
私……私……病気かもしんねぇ。
これは癌とかなんかよくわかんねぇケド、重い病気に違いねぇ。
どうしよう。
 
 
とりあえず気持ち悪いので、パンツに折りたたんだテッシュを入れてみた。
なんか…余計気持ちわりぃ…。
精一杯の応急処置を施し、ホールへ向かうバスに乗り込んだ。
そこで隣にいた友達に勇気を出して相談してみることに。
 
「あの…さ。ちょっと汚い話だけど、さっきパンツに黒いベトベトが…」
「え?あんた遂に生理?」
「違う違う!だっておしっこ普通だったし」
「は?おしっこ関係ないし」
「え?だって生理って、血のおしっこが出るんでしょ?つか黒かったし」
「初日は血の色より黒っぽいんだよ」
「え?だっておしっこ普通だったよ?」
「いやだから…おしっこ関係ねぇし」
 
 
私は生理とはどういうものなのか。
穴がもう一つあること。
友達から淡々と教えられた。
 
 
次のページ→